牛革/ヌメ革 [s101]

商品詳細

 ヌメ革の特徴

 

植物タンニン鞣(なめ)しの牛革のうち、

何も加工されていない革のことをヌメ革と呼んでいますが銀革屋では染色されたヌメ革も同様の呼び方で表記しています。

世界各国(ヨーロッパ、アメリカ、日本中心)のヌメ革を見て使って良い物を選んでいます。

日本では栃木レザーを中心に取り扱い、兵庫のヌメ革も使用しています。

世界の革で言いますと高級ヌメ革で有名な「ブッテーロ」も綺麗な色は取り扱っております。

 

時期や状況により仕入先を変えてより良い革を選ぶため制作年代によって変わることがあります。

丈夫な革で厚いものでは7mm以上のものもあります。

商品によっては0.2mmまで薄く漉いた革を使用することもあり厚手のものから薄手のものまで幅広く使えるのが特徴です。

 

使用状況によっても変わりますが使い込むごとに色が濃い色に変わっていき艶が出てきます。

このような革の経年変化は、革好きの間では「エイジング」と呼ばれ、

独自の方法でメンテナンスを行いエイジング具合を自慢しあったりして多くのヌメ革ファンを魅了しています。

 

銀革屋では全ての革商品をヌメ革で制作することが可能です。

 

※イエローグリーン、カーキは取り扱い終了

 

仕様

カラー 11 ナチュラル、12 キャメル、13 ダークブラウン、14 チョコ、15 ブラック、16 ホワイト、17 ブルー、18 イエローグリーン(取り扱い終了)、19 イエロー、20 ショキングピンク、21 レッド、22 グリーン、23 カーキ(取り扱い終了)、24 パープル、25 ラベンダー、26 ピンク
注意 革のみの販売は行っておりません

他の写真